伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ!桜の舞う日本へ

<<   作成日時 : 2012/04/10 16:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日のイル・ド・フランス地方は雨、気温13度。
1週間前の気温23度はなんだったんだろう・・・と思うような
肌寒さです。こうして寒暖を繰り返しながら、春になるんですよね。

さて、帰国を明日に控え、荷造りもそっちのけで講習会の準備です。

専門家向け講習会が6回と一般向け講習会が5回、合計11回!!

みなさんに「ペリネの保護」という古くて新しい考えをうまく伝えられるよう
いろいろ工夫してお話したいと思います。

ペリネって、意外なほど全身と関係があるんだな・・・ということが
実感としてわかっていただければいいのですが。

そんな中、私の地元、広島の朝日新聞に一般向け講習会が紹介されました。
こうして「ペリネについて知りたい!」と切実に思っておられる方達に
必要な情報が届く・・・ありがたいことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞 2012年4月7日(土) 広島版

「女性の尿漏れ防止 仏在住の助産師 講演」

 女性の多くが悩む尿漏れを防ぐ講演会が16日午後6時半から、
広島市中区加古町のアステールプラザで開かれる。講師は世羅町出身で
仏在住のシャラン山内由紀さん(45)。
 山内さんは日本で助産師として働いた後、フランスへ渡り、4人の子供を
産み育てた。フランスでは、尿漏れや子宮脱といった産後の女性に多い体の
変化へのケアの充実ぶりに驚いた。
 例えば「骨盤底筋群」のケア。骨盤周りの臓器を支えているが、出産後に
緩んでしまう。フランスでは産後の健診で、医師が必要と判断すれば、理学
療法士らの指導を受けながら、緩みを改善するリハビリテーションが、医療
保険でカバーされている。
 山内さんは、出産を機に産後リハビリの勉強を始めた。出産以前の日常の
動作や姿勢、呼吸や運動の仕方を見直すことで、骨盤底筋の衰えを防いだり、
周りのほかの筋肉を鍛えたりできることを知った。
 こうした知識や効果的なエクササイズを日本でも広めたいと、仏人医師が
まとめた本を翻訳し、『赤ちゃんと一緒に! ペリネのエクササイズ』(メディカ
出版)を昨春出版した。
 講演会では、実際に役立つエクササイズなども披露する。「30代で3人に
1人、40代で2人に1人が尿漏れに悩む。そんな人たちに知ってもらいたい」と
山内さん。参加費千円。予約・問い合わせはメールで国本さん(asobukara@gmail.com)
(錦光山雅子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということで、明日の夜、日本に向けて出発です。
春の桜、何年ぶりだろう・・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すてきな記事ですね!
お話、楽しみにしています。

こちらの桜はとってもきれいですよ!
お気を付けてお帰りください(^o^)
いりえけ
2012/04/10 16:56
地球の裏側から、速攻コメントありがとうございます!
皆さんのご期待に沿えるよう、頑張ります!
シャラン
2012/04/10 17:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ!桜の舞う日本へ 伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる