伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと

アクセスカウンタ

zoom RSS まとめB スクリーニングとフォロー

<<   作成日時 : 2012/05/17 15:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

過去に何回か、「ペリネの保護と助産師の役割」と題した助産師向けの
講習会を開いたことがありましたが、そこでは見えなかった問題を今回の
講習会行脚では感じ取ることができました。

そのひとつが、日本には「尿もれや子宮下垂など骨盤底機能不全症の
女性をスクリーニングし、それを継続的にフォローしていくシステムがない」
ということ。
これは、一般向けの講習会情報をあるコミュニティーサイトで知り、
講習会に参加してくださったAさんとの出会いで痛感したことです。

以下、Aさんからのメールを転載させていただくことで、どんな女性がどんな
思いで講習会を受講し、「ペリネの保護」の知識を得ることでどんな心境の
変化があったのか、具体例を示したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★講習会への参加を希望されたときのメールより

私は3年前に第一子を出産し、後に子宮下垂になりました。
当時は全く知識がなかったので、とっても驚きました。
それから昨年第二子を妊娠中にも子宮下垂と同時に排尿困難も
経験しました。腰痛は第一子出産後からずっと続いています。
とっても辛いです。

産院では骨盤底筋体操の冊子をもらい体操もしていますし、骨盤
ベルトも私にとって必要不可欠なものとなっています。助産師さん
からは体質だから、と言われ私自身多少諦めの部分もありました。

しかし今回このような機会があると知り、救われた気持ちです。
どうしてこれまで出会えなかったんだろう…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講習会の最後に皆さんからの感想をお伺いしたとき、Aさんは
それまで悶々と抱え込んできた辛さ、手の施しようのないもどかしさ
など、そうした体験をしている本人にしかわからない思いを語って
くだいました。そして、ガスケ・アプローチの存在を知った嬉しさや
専門職への期待を口にされました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★講習会翌日のメールより

(講習会の当日行った)エクササイズはほとんど効果が実感
できませんでした…。効いてる感がないというか、どこに意識を
持っていくかが全くといっていいほど分からなかった(-_-;) おっしる
通り、それほど筋肉がないのだなと初めて分かりました。
でもそれが大きな収穫だったと思っています!やっと一歩(半歩くらい?)
踏み出せた感じです。今はそれがとっても嬉しいです。

★講習会から2日後のメールより
「ペリネのエクササイズ」、ゲットし今読んでおります。
体に馴染むまでまだまだかかりそうですが、家事をする時も、
子供と接している時も、なにをしていてもペリネに意識がいき、
すっかりペリネ脳です(笑)。ペリネ脳になってからいろんなことに
気づきます。子供の頃お腹が弱かった私は、長い時間よくトイレに
こもって息んでました。これってペリネ的には良くないですよね?
今でもたまにありますが、お風呂で膣に水が入ります。
ストレッチなんかをしていると、膣に空気が出入りする感覚(おならの
ように空気が出るといった感じ…すみません)があります。今まで
普通だと思っていましたが、もしかしてこれらも子宮下垂の兆し
だったのかな?と。(中略) 今までは子宮下垂と言われても何を
していいのか分からず悶々としていましたがこれからは行く先が見え、
改善を目指して頑張っていきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Aさんのような悩みを持つ若い女性は数多くいるはずです。
なのに、なぜか骨盤底機能不全症の女性を拾い上げるスクリーニング
システムはありませんし、そうした女性を継続的にフォローしていく
システムも皆無です。

「女性の一生をかけて保護すべきペリネ」という視点から、今一度、
現代の医療システムを見直す必要があるのかもしれません。
「ペリネを保護する」ために、どの時期に、誰が、どのようなケアを
提供していけばいいのかということを・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まとめB スクリーニングとフォロー 伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる