伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと

アクセスカウンタ

zoom RSS まとめA 神殿の周辺(ペリネ)に集う仲間たち

<<   作成日時 : 2012/05/03 04:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ペリネ(Périnée)という言葉は、古代ギリシャ語のperineos(神殿の周辺)が
語源なのだそうです。

今回の講習会行脚では、神殿の周辺に志を共にする仲間が集いはじめた!
実感できる出会いがたくさんありました。

★ 横浜在住の助産師Uさん

まず、躊躇する私に春の帰国を決意させてくれたのが、横浜在住の助産師の
Uさんです。2008年に開催された第1回ガスケ・アプローチ研修会に参加し、
直接ガスケ医師の指導を受け、ぜひこの方法を日本に根付かせたい!!と
思ったUさんは、まずはペリネの保護という概念とガスケ・アプローチの存在を
アピールする為に私に講習会を開いて欲しいと声をかけてくださいました。
Uさんは現役助産師としてフリースタイル分娩の介助経験も豊富で、ペリネを
保護する分娩体位についてのガスケ法の理論を実践に取り入れることのでき
る職場環境もあり、自分の体験の中でその有効性を実感できたのだそうです。
今回は、ペリネの保護を一般の女性にも伝えて欲しいということで、専門家
向けに2回の講習会に加えて、妊婦クラス(9名参加)と産後クラス(14名参
加)を企画・運営してくださいました。そのUさんを支えてくれた助産師仲間も
頼もしい存在です!

★ 広島の助産師Sさんと助産師 I さん

広島は私の出身地ということもあり、とても動きやすいところです。そんな
故郷で私の活動を支えてくださっているのが、広島の助産師であるSさんと
I さんです。I さんは昨年夏、ご自身の助産院主催で講習会を実現してくだ
さり、今回は助産師会の賛同を得て企画・運営してくださいました。ちなみに、
4児の母親で助産師、教員という何足ものわらじをはいて頑張っておられま
す。こういう助産師さん達が地域の助産を支えているのだなあと、本当に頭
の下がる思いです。この方達とタックルを組めば、近い将来、広島にガスケ
医師を招聘するのも夢ではないかもしれません!

★ 鍼灸師Mさん&作業療法学専攻学生で振付師のK君コンビ

広島の一般向け講習会の主催・企画・運営してくださったのは、なんと、
鍼灸師のMさんと、大学で作業療法学を専攻し且つ振付師でもある
K君という、珍コンビです。お2人とも産後の女性のケアの重要性を実感して
おり、それぞれ専門的な立場から女性をサポートしたいという強い信念を
もって活動しておられます。

例えば、Mさんは鍼灸師の立場から、産後の女性の尿漏れについて1800人
規模の調査研究をまとめたという経歴の持ち主。K君は昨年度、振付師とし
て仏留学をした機会を利用して、わざわざ私に会うためにパリのガスケ協会
主催のヨガスタジオまでひょっこり顔を出し、ガスケ法の腹筋運動クラスを
体験して帰ったという行動力のある若者です。

ちなみに、未来の作業療法士の目にペリネの保護がどのように写ったのか?
K君のフェイスブックの記事を転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ペリネ」とは、フランス語で会陰部付近の筋肉などを指す医学用語です。
腰回りは「陰」の字が多い日本語。 どうも口に出すのがはばかれる。
でも、「ペリネ」だとかわいい響きもあるし、何より使いやすい。
シャランさんが『赤ちゃんと一緒に! ペリネのエクササイズ』を翻訳された
時に、一番希望を込めたのは〈ペリネ〉というカタカナ言葉の導入です。
ペリネという言葉を中心に産後リハビリの社会的な理解が深まり、予防出
来るはずの尿漏れ、子宮脱などの骨盤底筋群の歪みからくるさまざまな障害
が、日本で減っていって欲しいという願いです。
ぼくは10数年後に〈ペリネ〉という言葉が、例えば今のピラティスやマクロビと
いう言葉以上に社会に浸透している言葉になると信じていますし、将来の
リハビリ士の1人として貢献できたらと思っています。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フランスではもともと産後のケアとして発展してきたペリネのリハビリですが、
ガスケ・アプローチの出現によって、「ペリネの保護」は女性の一生を通して
継続的に取り組まなければならない問題だということが明らかになったわけ
です。

神殿の周辺に集う仲間達がそれぞれの持ち味を生かしながら、適材適所で
女性の一生を支えていけたなら・・・・。そんな未来に向けての道筋が見えて
くるような出会いの数々でした。

仲間との出会いに、感謝!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まとめA 神殿の周辺(ペリネ)に集う仲間たち 伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる