伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと

アクセスカウンタ

zoom RSS ガスケ法で熟眠!!

<<   作成日時 : 2012/07/08 05:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こちらは昨日から一足早い夏のバカンスに突入しました!
子供にとっては楽しい長期休暇ですが、母親にとっては一年でもっとも
忙しい時期かもしれません。

さて、つい最近ガスケ法のお話をして簡単なエクササイズを紹介した
知人Aさんからこんな電話報告がありました。

「昨日習った仰向けで背筋を伸ばす方法と寝た姿勢でのエクササイズを
試してみたら、いつの間にか眠っていて、今日はすっきり目が覚めました!
ここのところ腰や身体のどこかが痛くて、毎日1度は目覚めていたのに、
熟睡できたんです。たったあれだけのことで、こんなに効果があるなんて!」
と、本当に嬉しそうな声で報告してくださったのです。

Aさんはピアノの先生もなさっていて、一日中ピアノの前に座っている
こともあるとおっしゃっていたので、話のついでに、足台を使った正しい座位の
とり方でペリネが保護できるんですよという話もしました。それも早速試された
のだそうです。

「足台を使ってピアノを弾いてみたらすごく楽だということがわかったんです。
今までリラックスできる姿勢に気をつけていたつもりだったのですが、足台を
置くだけでこんなに違うなんて、びっくりしました!演奏会の時にはペダルを
使うから足台は無理ですが、家での練習なら使えます。」

ピアノを演奏する際に、身体に余計な力がはいらないリラックスした姿勢
というのが非常に大切で、音の響きや膨らみにも影響するんだそうです。

ピアノを前にして椅子に座ったとき、脚の長い大柄の西洋人にとっては
リラックスできる椅子の高さだとしても、小柄な日本人にとってはリラックス
できない可能性は十分にあります。それがペリネの負担につながっている
可能性も・・・。

ガスケ・アプローチの理論は、こんな意外なところで適用できる、本当に
面白いアプローチなんですよね。

こういう嬉しい報告を頂くたびに、少しずつでも続けていかなきゃいけない
活動だなあと、新たな勇気が沸いてきます。Aさん、どうもありがとうございました!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガスケ法で熟眠!! 伝えたい!ペリネを守ること ガスケアプローチのこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる